ブログトップ

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:未分類( 21 )

9月24日に福島南ロータリーで講演

9月24日に福島南ロータリーで講演をしてきました。
タイトル:「ある小児科の最近の4年間:そこから見えてくる福島市の現状」です。要旨だけで恐縮ですが、ご興味があればご覧下さい。
要旨
タイトル:「ある小児科の最近の4年間:そこから見えてくる福島市の現状」
私は、おひさま子供クリニックの小児科医として、日々の外来を行っている。
震災前後の4年間を振り返り、来院した家族の抱える不安や心配に耳を傾けると、未だに放射能への不安が、家族に大きな影響を及ぼしているのが分かる。
さらに、当院の外来患者数を調べてみると、福島市の抱える現状が見えて来る。
外来でのやりとりと当院の状況を紹介し、また、福島市住民人口統計を調べる事で、以下の結論を得たので発表する。
1.原発事故から3年半経過したが、放射能への不安は収まらず、今だに子供やその家族に様々な影響をおよぼしている。不安や心配を抱える家族は孤立
しやすく、偏った情報に惑わされてしまう危険性を有している。これを防ぐ
には、周囲の積極的な介入や家族への理解と配慮が求められるとともに、自由な発言を厭わぬ家族の繋がりが大切だと考えられた。
2.福島市の少子化は、全国的な少子化に加え自主避難や流入減少により加速している。人口減の解決には、もはや、除染やどこでもやっているような対応策だけでは難しい。行政や民間企業は、知恵を出し合うことで出産、子育て・育児などへの大胆な施策を実行し、私たち市民は、学業や結婚観、仕事観への柔軟な意識の改革を世代を超えて広めることが求められる。
最後に、少子化対策として以下を提言する。
若者に魅力ある地域化のために、
   ①思い切った子育て支援。(保育園 ・託児所の完全無料化など。)
   ②教育・進路への柔軟な選択、及び援助や指導(学習援助や通信教育の利用)
    ③学校・教育の改革    (No1の奨励 、ディベートの必修化)
地域で支え合う土壌形成のため
    ④子育てボランティアの育成   (地域での子育て見守りへの指導や援助
経済的安定化のために、
     ⑤結婚出産夫婦への住宅支援   (若い夫婦への空き家の活用)
     ⑥子育て就業・勉学の援助と賃金の改革
         (学業や出産・子育てへの資金貸与、フレキシブル就業時間の対応)
安心して産み育てる倫理と制度のため
     ⑦タブーを恐れない議論や提言 (社会保障の配分の議論と「見える化」)
     ⑧出産・子育てに対する意識・倫理の改革  
           (教育期間・研修期間の結婚出産への許容)
全国への宣伝・発信のため
      ⑨福島市政・県政の「見える化」と調整  (近隣市町村との奪い合い回避)
[PR]
by ohisamakodomo | 2014-09-29 17:35

予防接種専用玄関・待合室が完成

5月13 日(月曜)から新たに予防接種ルームがご利用いただけます。
一般外来の玄関とは別の玄関になります。
今後、予防接種の時間は一般外来時間と同じくなります(予防接種は18時まで)ので、
インターネットでの予約か、直接来院の上ご予約下さい。
[PR]
by ohisamakodomo | 2013-04-26 06:00

ご挨拶'2013

新年おめでとうございます。

大きなニュースも無く、穏やかな天気が続き、皆様も平穏な年末年始をお過ごしのことと思います。
当院も12月30日の休日診療を、皆様のご理解とご協力により無事終えることが出来ました。当日は、インフルエンザと感染性胃腸炎及びRSウイルス感染症の流行が認めら、他に救急車の
受け入れ1件、入院紹介2件がありました。来院のお子さまとご家族さまには、慌ただしさと待ち時間の長さからご不快を与えたのではないかと心配しております。改めてお詫びするとともにご利用頂き感謝申し上げます
今年も私はじめ職員一同、皆様の健康と安心のために精一杯努めて参りたいと心新たにしております。どうかよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by ohisamakodomo | 2013-01-03 15:06

インフルエンザの流行のきざし

国政選挙も終わり、歴史的自民の勝利で一応の政治的決着はつきました。後は国難を見据えた政策を矢継ぎ早に出して欲しいものです。
さて、当院の周辺でインフルエンザの患者さんが増えているようです。12月の第2週目から発熱の患者さんが増え始め、第3週目(12月9日〜12月15日)からインフルエンザと診断される患者さんが出てきています。学級閉鎖も出てきている事から保育園や学校に通園・通学しているお子様に手洗いやうがいの励行をお勧め下さい。
[PR]
by ohisamakodomo | 2012-12-17 20:31

10月1日よりインフルエンザワクチン開始します。

平成24度のインフルエンザワクチン接種について
ご案内致します。
今年度の変更はありません。
   年齢        接種量     回数
               
生後6ヵ月
 ~3歳未満・・・ 0.25ml  2回
3歳  ~6歳未満・・・ 0.5 ml  2回
6歳 ~13歳未満・・・ 0.5ml   2回
13歳~     ・・・ 0.5ml   1回か2回

接種料金は、昨年と同じです。
3歳未満のお子様は、1回目・2回目共に2500円
3歳以上のお子様は、1回目・2回目共に3500円
18歳以上の大人の方は、4000円になります(消費税は別途)。

13歳未満のお子様の接種間隔は2~4週間の間隔が推奨されています。
[PR]
by ohisamakodomo | 2012-09-28 11:16

まだまだ、熱中症に注意


そろそろ空の色は秋の気配を見せています。しかし、毎日暑いですね。
9月は運動会や家族揃ってのお出かけも多くなります。
やはりこの暑さですから、油断せず熱中症対策に多めの水分補給を心がけましょう。
[PR]
by ohisamakodomo | 2012-09-17 08:32

9月1日から不活化ポリオワクチン接種開始

ようやく不活化ポリオワクチンの予防接種が、9月1日から開始されます。
このワクチンはポリオ単独の予防接種です。
今後、三種混合(DPT)にポリオが追加された4種混合が接種可能になりますが、時期については未定です。詳細がわかり次第報告致します。
[PR]
by ohisamakodomo | 2012-07-31 18:40

子どもの日に。

5月5日は子どもの日。子どもたちが元気であることを祝い、感謝する祝日です。
この日、忘れてならなのは子供達を育て支えている、お母さんお父さんたちの姿です。
本当にお疲れ様!
この日のため、お二人に2本のYou Tube を贈ります。
親の思いは世界おんなじですね。


www.aoi-kokusaiblog.com/?p=8650


videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/sports/p10676a080988798e13ce458167ca5c28
[PR]
by ohisamakodomo | 2012-04-27 18:41

最近の政治へ

最近、野田首相は消費税に政治生命を賭けているようだ。しかし、それでイイの?と問いたい。確かに財政赤字の問題や福祉の財源の問題にとって打ち出の小槌的な消費税の存在意義は大きい。だからと言って「政治生命を賭けるほどのもん!」と言いたくなる。全国の原発問題や収束どころか日本にとって火薬庫になりつつある福島原発問題は、消費税よりも直ちに解決すべき重大問題ではないのだろうか。確かに世界経済の不安定要因と巨額の赤字国債による日本の信用危機から不景気とインフレの発生が取り沙汰されている。しかし、今すぐに起こるという事でもなさそうだし、世界への信用保証のための消費税アップに今血眼になる必要性はない。それよりも火急に福島原発の現実的な沈静化と今後の日本のエネルギー政策の方向性に政治生命をかけるべきじゃないのだろうか。その理由は、福島原発が福島県や東北どころか日本や世界にとってもまだまだ危険な存在で有り続けているからだ。現状はとても安心安全の類の代物ではないらしい。チョット大きい地震が再び襲ったら原発はオシャカになってしまい、その被害の範囲は200kmとも300kmとも言われている。さらに原発事故処理業務の主役が東京電力で、その東京電力自体に技術も作業員マネジメントのノウハウも無いというからおぞましい。その上原発の是非についての国論も定まらないうちに、原発ストレステストから政治的判断に至るまでの原発再稼働プロセスが動き出し、その曖昧さにつけ込み復興のどさくさに紛れて再稼働を進めようとする意図が見え隠れしている。
閉塞感が漂うこんな状況にこそ首相のイニシアチブで、日本に及ばず世界の技術を結集して事故処理に当たり、次世代のエネルギー政策の具体的提言作りにいそしまなくてどうしようというのだろう。原発問題は閣僚任せで、アタマの中では原発事故問題はもう過ぎ去ったような言動を発する首相はもうイラナイ。菅政権で打ち出した原発廃止を闇の中に葬り去った民主党政権、黙認している自民党などの野党は一蓮托生の場当たり政治家でしかない。もはや大阪維新の会のエネルギーに飲み込まれ、政治の舞台から引き摺り下ろされるのは時間の問題だ。
[PR]
by ohisamakodomo | 2012-04-25 13:08

ポリオについて

福島市では今年5月下旬にポリオ生ワクチンの接種が始まることから、そろそろポリオワクチンについてのご質問が多くなる時期だと思われます。
初めてポリオ接種を受けるお子様にポリオ生ワクチンを飲ませるか、やらずに待たせるか、あるいは輸入不活化ポリオを注射させるかの三つの選択に、保護者の方は悩んでいるところでしょう。そこで選択の参考になる情報について少しお話し致します。

まずポリオ生ワクチンは飲むだけの容易さで免疫を賦活させその上予防効果が高いという利点があります。しかし、副作用として100万人に1人の確率でポリオを発症させしまう危険性を持ち、服用した子供の便からポリオウイルスを排出し周囲に感染(胃腸炎)を拡げてしまう恐れもあります。
一方、不活化ポリオワクチンは計3回の注射で免疫を賦活させるワクチンです。現在は外国から輸入したワクチンですが、今後秋頃から国産のワクチンが使用できる予定です。充分な効果が期待できるうえポリオを発症させる危険性は全くなく周囲にウイルスを排出することもありません。しかし、現時点では価格は高く注射で有るがゆえに他の注射ワクチンと同様副作用が軽症から重症まで報告されており、万が一にも事故が起きた場合の補償制度も確立されていません。やはりこれだけではどちらがイイとは言えないでしょう。
そこでお子様が被る危険性を高い順に並べてみます。詳細は省きますが排泄ポリオ株による感染の危険性(ポリオ発症ではない!)が一番高く、注射ワクチンによる副作用発生(軽症から重症まで)、生ワクチンによるポリオ発症、排泄ポリオ株によるポリオ発症の順序になると考えられます。
次に重症度から考えます。注射ワクチンによる副作用(米国VAERS)は軽症から重症の死亡まで報告されており、ワクチンと死亡との因果関係はまだはっきりと分かっていません。一方生ワクチンによる副作用では死亡例はなく胃腸炎自体も軽症であまり問題になりませんが、ポリオ発症の場合には麻痺後遺症が残り重大な副作用と言わざるを得ません。従って注射ワクチンも生ワクチンも重大な問題が生じることがあり良し悪しの比較はできません。

以上それぞれ利点欠点があります。しかし、ポリオ生ワクチンの服用の危険性が外国製不活化ポリオワクチンの危険性より高いものとも言えず、また外国製不活化ポリオワクチンの安全性がポリオ生ワクチンの安全性に勝るとも言えないことから、現行のようにポリオ生ワクチンの服用が継続され国産ポリオワクチンがまだ未認可の状況では、ポリオ生ワクチンの服用は妥当であり消極的ながら服用を継続してもよいのではないかと思います。しかし、保護者の方が生ワクチンの服用に強い不安をお持ちの場合は国産不活化ポリオワクチンの認可までポリオワクチンの接種を待つのが適当な選択ではないでしょうか。
今、世界の感染情報によると中国やパキスタンなどで野生ポリオの発症患者が報告されており、現在のような人の流入がグローバルな状況を加味すれば何らかの対策は必要です。
流行国の感染状況では野生ポリオ株の日本上陸の危険性をもたらします。日本や流行地でのサーベイランス情報に強い関心を持って頂き、個々が早期の情報収集で早めの対応策の検討が大切です。もし心配なニュースや情報があれば、いつでもご相談ください。
[PR]
by ohisamakodomo | 2012-03-24 08:45

|

福島県福島市・小児科 おひさま子供クリニック

〒960-1101 福島県福島市大森字城ノ内24-10 電話:024-544-1581